スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボーのフルスクラッチ其の壱

今回は二回にわたってダンボーをフルスクラッチします。

なぜ既製品も出ているダンボーをフルスクラッチするのかって?(๑˙―˙๑)?

それはですね、かさばる兄さんというお方が、箱組みのまとめ記事を書いておられるので、コチラから西暦H.G.S.2015の流れを追ってみてくださいな(*≧▽≦)ノシ))
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/335-48f0f1b6

激動の時代に君は、プラ板の可能性を見る‼︎


とか言うとそれっぽいꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)ァ,、'`

さてさて、ダンボーの設計をボール設計技師がやってくれたみたいで、我が部隊娘とブリーフィング中…


うち神姫さんは、筆の置き場ない!とか、コレこの角度で保持して欲しい!って時など、良く手伝ってくれるので助かる♪( ´▽`)

社畜としてこき使われるうちに、ミイラ取りがミイラに((((;゚Д゚)))))))
この場を借りて謝罪しておこう
ゴメンね、ちゃんと遊んであげれなくて(^^;;

ー話がそれたので閑話休題ー

模型やってる人で同じやり方してる人いるかな?とか思ったので、参考がてら私のやり方も書いておきますね〜

私の場合は、上記画像のように先にノートに製図⇒スティック糊で貼り付け⇒カットという流れです。

これは、プラ板に直接書く際に、段差で書き辛いのと、清書してからの方が寸法が安定するのでオススメですよ( ´ ▽ ` )ノ

(´-`).。oO(と、当初は是が非でもプラ板をケチ以外ry

い、一瞬心を読まれた気がしたぞ!?(・_・;?

これ以外にもプラ棒とかも切ってますが、お楽しみギミックとかなので秘密よP(・ω<)コツン

この記事を読んでいる方は、たぶん他の方の記事も見て回っているでしょうしクドそうなので、組み方はスルーしますね

まず方向性を書いてなかったですね(^^;;

ダンボー製作にあたって盛り込むもの
・全身フル稼動
・関節技を一限しずに多用
・開閉ギミック有り
この他に、原作読んでないならでわのギミックをば

という縛りでお贈りします

まず足関節、コチラはボールジョイント+引き出し
関節です

受け側は、下写真のように一度瞬着で仮止めしてからプラ板を開口してます
まぁ現物あわせの方が穴位置ずれにくいですしね

このあと石粉粘土で固定します

あとは軸側ですね、軸は胴幅が長いので、引き出し関節のコ部分が役にたちません

なのでダイレクトに繋げます

まずボールジョイントですが、私は瞬着で盛ったりはしずに溶接加工×旋盤加工で作ります

上記画像では、ハンダで先に溶かして盛りに盛ったあと、リューターに取り付けた状態です

この後棒ヤスリを当てながら回転させていくと、綺麗なボールになります

軸長さは最後組み立てる際に、動かしながら調整するのでひとまず完成♪( ´▽`)


続いて腕ですね、コチラは捻りも加われるようにするために、ガンプラによくある肩関節+ハトメ関節(旧キットや食玩についてくる付録を作ったことある方はあ〜ってなるやつです

まずテキトーにランナーからTの字型の部分をぶん取り、上の棒を半分平らに削ります

これを胴体側の内から外に出して接着します、コチラは極力真っ直ぐにしないと肩の平行が出ないので、スケールなどを当てがって調整しました

ハトメ関節ですが、コチラも旋盤加工が出てきますよ(=゚ω゚)ノ

少し見辛いですが、二つ繋がってる状態です

これを分解して腕側と繋げるとこんな感じ

見たまんまエの字になるように、ハンダで溶接するとこうなりますΣ【◎】ω ̄*)パシャッ

え?何かおかしなものがついてる?(๑˙―˙๑)?

それは次の記事までお楽しみだよ(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

箱組みからいきなり旋盤加工やら、溶接加工やら出てきてムリーT^Tってなると思いますが、どちらも寸法気にしなければ以外と簡単にできちゃうので、是非ハンダゴテとリューターを買った際はお試しあれ〜寝てないので私は寝ますわ( = ω = ):.*೨
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

神姫用1/12巫女服製作

学校以外で初めて本格的な裁縫をする事になって、幼少期は家庭科の成績ダントツトップダゼo(`・ω´・+o) ドヤァ…!

って何も見ずに一から作って速攻で失敗した残念な私_(´ཀ`」 ∠)_

仕方ない、参考書をヽ(´o`;
ってさっそくニャマゾンで購入したのがこちら

両方とも1/12用と書いてあったので購入したのですが、人形は人形でも惜しいことに”日本人形用”で身長は大丈夫でしたが横幅が合わない(;¬∀¬)ハハハ…

参考書で学んだのは、和裁のやり方、と好きな和服の豆知識でした。

豆知識は剣道と弓道をやっていただけ?あるのか成る程〜てなるものでしたので、いくつか個人メモがてら綴っておきますね。

和服豆知識

*白衣
・白衣とかいて”ビャクエ”と読みます、ナースのお姉さんの”ハクイ”と漢字が一緒とはややこしいですな(。-`ω´-)ンー

・よく巫女服で見られる白い襟の下に緋色の襟が見えますが、夏場などでは2着着ている訳ではなく、付け襟になっていて薄着だったりします。

・白衣の下には、洋服でいうキャミソールにあたる襦袢という下着(形は白衣と同じ)を着ている。

・よく着物を肩口まで開いてる方を成人式などで見ますが、あれは遊女や娼婦の着方なので一般の人がやっていると、知ってる人からはドン引きです。

・女性用の着物は身八つ口といって、脇の下に穴があります。
ここからチラリと下着の柄が見える、隠す仕草、が分かるとなかなかの通です。
本来の用途はあまり定かではありませんが、授乳時に使用するとかしないとか…

・服の構成は
後ろ身頃(背中部分
前身頃(逆Uの字の部分は重ならないなよ(o'ч'o)
おくみ(こっちが襟と前身頃に繋がってて着るときに重なるよ
あとは袖(男女共に袋状になってる

*袴
・行灯袴(女性用のスカートみたくなってる

・馬乗り袴(文字道理馬にのるのにスカートでわね(^^;;ズボンのように別れています。
武道ではこちらの方が主流ですね。

補足ですが、行灯袴は背板がない(腰の後ろに台形の板があってコレで袴の後ろを止める

といった感じです。


さてさて、豆知識から布服にシフトしますよ〜

ということでさっそく型紙です

この型紙はまだ改良する点が多いので、そのまま使用できないのでアバウトに掲載するだけにしますね´д` ;

完成品はこちら

この巫女服はあと2回出番があるので、のちのちいっぱいお写真貼っていきますのでこうご期待(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

hannarimokemoke

Author:hannarimokemoke
お裁縫とか模型とかアクセサリー、DAYにお絵描き、と創るのを生きがいにしていまする。
色々やっている事が移ろいやすいですが来るもの拒まずやっていますので気楽にかむかむですよヾ(⌒(_*'ω'*)_
はんなりもけもけしましょう٩(ˊᗜˋ*)و

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
あくせすかうんたー
おんらいん
現在の閲覧者数:
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ドール等のイベント主催者様
AK-GARDEN 小さな模型好き、小さな人形好きのためのお祭り
ガレキ等のイベント主催者様
トレジャーフェスタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。